携帯サイトはこちらから

よくある質問

ライブラリーカードについて

Q

 ライブラリーカードの有効期限はありますか?

 

A

 あります。有効期限は登録・更新日より3年です。

 更新の際は登録内容を確認いたしますので、ライブラリーカードと住所を証明できるもの(例えば運転免許証、保険証、学生証など)をお持ちください。

 

Q

 ライブラリーカードを紛失してしまいました。再発行はできますか?

 

A

 一定期間探していただいて見つからない場合、ライブラリーカードを再発行します。お探しの間は「館外利用申込書」に氏名、電話番号を記入いただき、カウンターで貸出を行います。

 

貸出・返却について

Q

 自分が以前借りた資料を知りたいのですが、教えてもらえますか?

 

A

 貸出情報は個人情報にあたり、その保護のため、返却された時点で貸出履歴は消去されます。そのため、お問い合わせいただいても、お答えすることはできません。

 

資料の紛失・汚破損について

Q

 借りている資料を紛失してしまった場合、どのようにすればよいですか?

 

A

 一定期間お探しいただいても資料が見つからない場合は図書館へ来館し、弁償のお手続きをしてください。同じ本を購入して図書館へお持ちくださるようお願いしております。

 

Q

 借りている資料を汚してしまったり、破いてしまった場合、どのようにすればよいですか?

 

A

 資料を汚損・破損した場合、原則として同じ資料の弁償をお願いしております。まずはご自分で資料を修理せず、そのままの状態で図書館へお持ちください。雨や雪で本を濡らしてしまった場合も対象となります。

 なお、DVD、ビデオは著作権法に基づく補償金を含んだ額となるため、かなりの高額となります。取扱いには十分ご注意ください。

 

その他

Q

 本を寄贈したいのですが、どうすればよいですか?

 

A

 図書館では、人気のある本や予約の多い本の寄贈を募っております。

 また、郷土資料の収集に努めておりますので、会津若松市や福島県に関わる地域資料を出版された場合には図書館へ寄贈いただけますようお願いします。

 上記の資料以外に関しましては、図書館資料として登録されなかった場合、リユースコーナーにて市民の方に提供しても良いと了承いただいたもののみ、寄贈をお受けしております。

 ただし、汚れ(書きこみ、マーカー等含む)のあるもの、破損のひどいもの、古い百科事典、特定の個人・団体・商品等のPR冊子、青少年の健全な育成の障害となるものといった本はお断りしております。また、市販の映像資料につきましても、著作権の関係から図書館での利用が困難なため、寄贈をお受けしておりません。

 

Q

 図書館内や図書館の資料の撮影はできますか?

 

A

 図書館内及び図書館の資料の撮影はできません。施設見学等で撮影を希望される場合は事前にお問い合わせください。

 資料につきましては、図書館内に設置したコピー機で著作権法の範囲内の複写が可能です。コピー機による複写が困難な貴重資料につきましては、窓口に確認ください。所定の様式で申請いただき、撮影の可否を判断させていただきます。